ドラクエ 5 カジノ 船

ドラクエ 5 カジノ 船

 ベルフォール要塞に籠るダンフォール=ロシュロー大佐率いる守備隊は「リゼーヌ河畔の戦い」中、16日にエセール(ベルフォールの西3.5キロ)に向けて出撃しますがその兵力は少数で、攻囲網西側にあった第67連隊F大隊により簡単に撃退されてしまいました

あなたも好きかも:パチスロ 4号機 5号機 違い
そもそもこの出撃は「解囲」を図ったものではなく、西から近付いていると思われる仏東部軍方向へ出撃する場合、攻囲網西側の敵が仏東部軍と戦うために戦力低下しているかどうかを探るためだった、と言われています

ダンフォール大佐としても仏東部軍の前進を期待したものの、自ら出撃する程には守備隊の兵力や野戦能力が高くはなかった、ということでしょう

 一方、攻囲兵団のウード・フォン・トレスコウ将軍も、麾下の半数程度をヴェルダー軍団本隊に派遣し、攻囲網は危険な程少数の兵力で維持されますが、リゼーヌ河畔で激戦が繰り広げられていた最中でも攻城砲台の増設が行われていました

※1月10日以降16日までに築造開始された独ベルフォール攻囲兵団攻城砲台*21号砲台 27センチ滑腔臼砲x2門、21センチ施条臼砲x2門*22号砲台 仏製(鹵獲)15センチカノン短砲身カノン砲x4門*23号砲台 15センチカノン砲x4門*24号砲台 15センチカノン砲x4門*25号砲台 12センチカノン砲x5門ベルフォール攻城砲台(21から25号) これらの砲台は13日から翌日に掛けて激しい攻防のあったグラン・ボワ森(ベルフォール要塞の南南西3.2キロ付近

現存します)北東端のサヴルーズ河畔(対岸はダンジュータン部落)から西側の鉄道堤までの間に築造され、14日に25号、17日に24号、18日に23号の各砲台が完成、難工事となった22号砲台は21日、21号砲台は28日に完成するのでした

 1月18日夕には1月11日まで攻囲網で従事していた諸隊が全て攻囲兵団へ復帰し、フォン・デブシッツ将軍はその任地をモンベリアール市街まで広げることを命じられます

あなたも好きかも:パチンコ 湘南台駅前
 普予備第4師団のオストプロイセン後備旅団長ロベルト・フォン・ツィンメルマン大佐はモンベリアール北郊からリューズに至るまでのリゼーヌ沿岸を警備する責任者に任命されました

 危機が去った今、フォン・ヴェルダー将軍ら独第14軍団本営は、先ず多数に及んだ負傷者の救護(厳寒は負傷者の死亡率を高めていました)と兵站と糧食の危機的不足を「待ったなし」に処置することが求められます

攻囲兵団のU・トレスコウ将軍は、攻囲網のために備蓄を進めていたダンヌマリー(独名ダンマーキルヒ

あなたも好きかも:スロット 20万負け
ベルフォールの東19.2キロ)の兵站倉庫群を解放し、欠乏する物資・糧食を各地へ緊急搬送させますが、広範囲に広がる戦場の隅々まで行き渡るには少量に過ぎ、腹を空かせて寒さに凍える前線の将兵は、敵が去ってもまだまだ栄養不足から来る疾病や凍傷の恐怖と戦わねばなりませんでした

 同時に後衛を残して去った仏東部軍の様子を探り、接触を失わずに撤退方向を確認するという重要な任務もありました

 とはいえ、先ずは3日間の激戦で各地に分散配置されたBa師団の集合が緊急課題となります

 19日、モンベリアールの周辺で戦ったBa諸隊は、フォン・デブシッツ将軍の後備兵と交代し、師団長のフォン・グリュマー将軍が直率して北上を開始します

グリュマー師団長は、ブルヴィリエ周辺やシャロンヴィラールで待機していた麾下将兵を縦隊に加えるとフライエ=エ=シャトビエに進みます

将軍はここで軍団本営から「フライエ~エトボン間に向け展開し、その前衛はベルヴェルヌまで進む」よう命じられました

 シャジェで戦ったフォン・デア・ゴルツ将軍と、エリクール在の予備第4師団長フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・シュメリング少将は、それぞれの前衛を前進させ、互いに連絡を密としつつソルノ(エリクールの西9.7キロ)とアルセ(同南西9.5キロ)を奪還するよう命じられますが、同時に「いかなる場合でもそれ以上の前進を禁ずる」と厳命されました