スペック パチンコ 見方

スペック パチンコ 見方

「そうすると相手に気付かれるからもう後には引けなくなるんですよ

あなたも好きかも:ガルパンg スロット
支部長のほうからもいろいろアプローチをかけてもらう予定なのに・・・勝手に俺らだけで話を最終段階まで進めるのはどうかと・・・」『あのバカにそこまで期待するのが間違いだと思うが・・・まぁお前たちの依頼だ

お前たちの思うようにこなすのが一番いい』「何を師匠らしいことを・・・なんか変なものでも食べましたか?」『私はお前の師匠だったと思ったんだがな・・・いい加減にしないと心の広い私でも堪忍袋の緒が切れるぞ』「師匠の心がどれくらいの広さかは知らないですけど、そういわれるだけのことをしてるってことです

もう少し自覚してください」『・・・身に覚えがないな

十人に聞いたら十人が良い師匠だと答えるような私に向かってなんてことを言う』それはひょっとしてギャグか何かですかと康太は笑いながら話しているが、そろそろ無駄話をしている時間がもったいない

これ以上小百合と話をしても有益な情報がないのならば何か別の視点から情報収集をする算段をつけなければいけないだろう

「それで師匠、今回のこの状況、新しい情報を得るためにはどんな行動が適切だと思いますか?」『私にそれを聞くか・・・そうだな・・・あのバカの協力が得られるなら、釣りでもしてみたらどうだ?』「釣り?」『今まで移動してきた魔術師の傾向はつかめているのだろう?ならその傾向に従って餌をまけばいい

そうして相手が食いついてきたら釣り上げる

あなたも好きかも:art スロット
簡単なことだ』「あー・・・俺らの誰かが拠点を移したいって情報を流すとかそういうことですか」『そうだな

それぞれの情報を流出させる場所によって犯人とつながっている人物も割り出すことができるだろう』小百合の言っていることは割と的を射ている

というか的確すぎる対処ではないかと思ってしまった

要するに康太、文、倉敷の三人のうち誰か、あるいは三人とも拠点を移すことを検討しているという情報を流すのだ

その情報がどのようなものかは条件によるが、いくつか共通しているのは三人がその情報を流す場所を変えるということである