パチンコ トキオプレミアム

パチンコ トキオプレミアム

 家宅捜索とかするからね

うろちょろされたくないし、説明している時間も無い

 精霊達の力を借り、彼らをきちんと寝かせる

 ところで…どれくらい眠っているのかな?「……ぎ、ぎ、ぎ」「ぎぎぎ?………3時間?」 ふるふる「………3日?」 こくん そっかー…

後で、ちゃんとベッドに寝かせよう…

 僕は懐中時計で時間を確認する

あなたも好きかも:よしき 嫁 パチスロ
…よし、そろそろだな…! 今伯爵夫妻は、ロッティが引き寄せてサロンでお茶会をしているはず!「家族水入らずで過ごしたいわ」と言ってもらい、使用人全員から切り離す事に成功

ヨミはサロンの外で待機

 その間僕らは裏工作

さて…玄関に向かうよ!「はい!」 屋敷の廊下を2人で走る

あなたも好きかも:blood+ スロット 設置店
だが…バジルの視線が気になる…

あなたも好きかも:ブラック ジャック 1 巻
特に…彼は無意識なんだろうけど、僕の胸元を超見てる…!「……なに?」「…はっ!!いえ、その、っと…!ごめんなさい…

 えっと…お嬢様…」「…うん」 使用人部屋は1階なので、すぐに玄関に着く

ここで騎士団をお出迎えじゃい

 ちらっとサロンの窓に目を向ける

伯爵夫妻がこっちに気付かないよう…ロッティが頑張っているはず

 そのまま空を見上げれば…今日は快晴、冬晴れだ

 寒さは変わらないけど青空が広がり、積もった雪が風に流されキラキラと光る

「あの、お嬢様…これまで、申し訳ございませんでした…」「………ん?なんで君が謝るの?」 空を眺めていたら、急にバジルが頭を下げて来た