スロット 6号機 aタイプ

スロット 6号機 aタイプ

「それにしても、こんなに大量の板、一体何に使うんだ?」 ギルドカードを合わせてインゴに前金を払う

工房長のギルドカードを持ち、さっさと金が払えたことから信用度が上がったようで、インゴが少し砕けた態度になった

「だから、冬の手仕事ですけど? 詳しい内容は秘密です

できてからのお楽しみ

よく売れたら、来年もお願いしますね」「……来年もって、あっちが専属じゃないのか?」 インゴは親方が去って行った方をくいっと親指で示した

「ベンノさんの専属はあちらの工房ですけれど、わたしはまだはっきりと決めてないので

あなたも好きかも:布施 スロット イベント
仕事の品質と納期の信用を見てから判断するつもりです」「へぇ、そっか……」「では、納品はギルベルタ商会によろしくお願いしますね」「あぁ、こちらこそ、今後ともよろしく」 板の注文を終えたわたしはベンノに抱きかかえられたまま、店へと戻った

 店に戻ると、奥の部屋のテーブルに座らされる

正面にベンノとルッツで、早速今後の予定についての質問責めを受けることになった

あなたも好きかも:豊見城 パチンコ バイト
「さぁ、洗いざらい吐け」 ドンとテーブルを叩きながら、じろりとわたしを睨むベンノを見て、まるで刑事ドラマの取り調べのようだと思った

「何をですか? わたし、何も悪いことしてません

冤罪です

無実です」「何を言っているんだ、阿呆

喋るのは、これからお前がしでかすことについて、全部に決まっているだろう? あの板は何に使う? インクはどうするんだ? どう作る? 何がいる? 全部吐け」 ベンノの勢いを宥めるようにルッツが横から身を乗り出した

困ったように眉を寄せて、意見を挟んでくる

「マイン工房の紙作りとの兼ね合いもあるからな

予定が立たないのは困るんだよ

今回作るものに、森に取りに行くような物は必要ないのか?」「えーと……ちょっと待って

頭の中を整理したい」 書字板を取り出して、作るものとそれに必要な物を書き出していく