パチスロ ツイン

パチスロ ツイン

 本に書いてある事も良いが、自分で体験した方が記憶に残ると考えているのだろう

 ロノウェに会い、言語の知識を授かった事によって知的好奇心が大きく刺激されたライは、ライブラリを後に城内探索を続けるのだった

あなたも好きかも:パチスロ ガルパン 次回予告
*****「──以上、これが我が今回の戦いで得た情報だ

大罪の魔王達やモートの様子は基本的に変わらない」 城内にある複数のテーブルによって長方形が描かれ、それを囲うような椅子のある談義室

そこの中心から上方にて、椅子に座るバアルは今回得た情報を話し終えていた

あなたも好きかも:テイルズ オブ シンフォニア カジノ
 現時刻は現世での正午を一時間過ぎた程

内容は大罪の魔王や敵対する肉親、モートについて

そしてライを含めた三名の事など、数時間で終わる程に早い談義だったようだ

 此処に居るのはバアルを始めとして、王や伯爵、公爵、君主など爵位と地位が高く力の強い主力の悪魔たちとベルゼブブの配下の悪魔たちだった

あなたも好きかも:パチンコ 神獣王2
 因みにゴエティアのソロモン七十二柱の悪魔は、全てがバアルの配下という訳では無い

ソロモン七十二柱の中にはバアル以外の大罪の悪魔も居る

なのでバアルに仕えるのはほんの一部なのだ

 それは捨《さ》て置《お》き、バアルの言葉からするに、ライたちの事以外は今までの話し合いと同じような感じだったのだろう

数時間で全てを説明し終える程に短い話し合い