オンラインゲーム がっつり

オンラインゲーム がっつり

しかもスチーム・ガトリングの射程距離はそれほど長くはないため、あの武器で迎撃するのは至難の業だろう

 海面が、沈んでいく艦から漏れ出た重油でどんどん黒く染まっていく

火達磨になった船体がその重油に炎をぶちまけ、重油のせいで黒く染まった海面を泳いでいた生存者たちを焼き殺していった

 火達磨になったままもがき、その炎を消そうとして海の中へと潜った乗組員たちは、二度と浮き上がってくる事はない

あなたも好きかも:aネイション パチンコ
「おい、とっとと砲弾をよこせ!」「待ってください! 副砲で迎撃するつもりですか!?」「とにかく弾幕を張るんだ!」 無理だ、と思いながら、僕はその砲弾を副砲にぶち込む羽目になった

 飛竜どころかエンシェントドラゴンすら置き去りにしてしまえるような速度で、立て続けに攻撃が飛来するのである

旋回速度が遅い上に連射ができない副砲を使うよりは、艦内にあるスチームライフルを乗組員に支給して、スチーム・ガトリングと一緒に弾幕を張った方がまだ迎撃できる確率は高いに違いない

 そう言おうと思ったけれど、僕はまだ騎士団に入団して部隊に配属されたばかりの新人だ

あなたも好きかも:ピグカジノ スロット フィーバータイム
ベテランの騎士が僕の意見を聞くわけがない

反論する事を諦めて大人しく副砲から離れ、近くに置いてある予備の砲弾を拾い上げる

あなたも好きかも:パチンコ 入賞口 入らない
 球技に使うボールを鋼鉄にしてそのまま大きくしたような砲弾の中には、高圧の蒸気と魔力が充填されている

流し込む魔力の量で起爆させる時間を調節する事ができる仕組みになっているため、このようなタイプの砲弾を発射する兵器を扱う場合は、発射を担当する砲手と、装填を担当する装填手と、魔力を注入して起爆する時間を調節する”調節手”という3人の騎士が必要になる

 さっきの砲弾は起爆させる時間を変更していないので、発射されてから10秒後に起爆することになっている筈だ

10秒後に爆音が聞こえてきたとしても、九分九厘敵の攻撃は容赦なく味方の艦を海の藻屑にしていくだろう

 副砲であんな攻撃を迎撃するのは、不可能なのだから