ブック メーカー 両建て

ブック メーカー 両建て

 ――その瞬間、闘技場内部から一切の音が消えた

 二人が集中に入ったわけではない

ただ、威圧と呼ばれるものが空気を伝播し、固唾をのむような雰囲気が発生しただけだ

 あえて遠距離を否定したギィールは、じりじりと間合いを詰める

この時点で最も厄介だと思えたのは、正眼の構えそのものであった

あなたも好きかも:オンラインバカラ
 何しろ、その切っ先は、常に、ギィールの喉元へ向けられている

あなたも好きかも:戦国 乙女 新台 スロット
精神的な重圧はもちろんのこと、自然体でそれを維持するフジカに対して、じわりと恐怖が汗となって背中を濡らす

あなたも好きかも:スロット 買取 兵庫
 ――思えば

 この時のフジカも、同じ思いを抱いていただろう

ギィールの奇妙な構えもさることながら、そのまま間合いを詰めてくる相手に対して、探りを入れている段階だ

 そして、間合いに入れば、ゆらりと切っ先が揺れて持ち上がる

現実的には速い動きだったが、ギィールの体感としては空気を押しのけるような、滑らかな動きだった

 持ち上げられた刀は、肩口から胴体へ向かう軌跡で振り下ろされる

 肩に触れる前に、ギィールは左手で刀の腹を横から触れた