ブラックジャック pixiv

ブラックジャック pixiv

フランに教えられた通りに神官長を出迎えて、挨拶する

神官長からは「まだおぼつかない感じはするが、一応覚えたようだな」と及第点らしき言葉を頂いた

「神官長、寝心地の良さそうなお布団、ありがとう存じます」「まったく君は……」 二階に上がって、寝台が目に入ったわたしがお礼を言うなり、神官長は頭を抱えた

あなたも好きかも:名古屋市守山区 パチンコ
「何がいけなかったんでしょう? お礼を言っただけですよね?」「……そうだな

君は礼を言っただけだ

だが、贈り物の内容を口にする必要はなかった

あなたも好きかも:入金不要ボーナスカジノ
以後、お礼を言う時は、素敵な贈り物とか、私の望みを叶えてくださってとか、曖昧にしておくように」「かしこまりました」 わざわざ贈り物の内容は口にしない、と心の中で繰り返していると、神官長が苦虫を噛み潰したような顔になって、声を潜めて付け加える

あなたも好きかも:エミュ オンラインゲーム
「それから、私が君に寝具を贈ったことは他言無用だ」「え?」「本来、寝具というものは、家族や婚約者……愛人に準備するものだ

周囲にとんでもない誤解を招く」「ぅえっ!? な、なんで、そんな誤解されそうなことをしたんですか!?」 わたしじゃあるまいし、神官長のような人がうっかりしたということはないだろう

誤解を招くとわかっていて、敢えて寝具を贈る理由がわからない

 わたしの疑問に神官長は鋭い視線で答えてくれた

「今回は君が悪い」「はい?」「身体が弱くて、神殿内でもすでに何度か倒れたという情報があったにもかかわらず、寝台が剥き出しのまま放置されているというのはどういうことだ? 倒れた君をフランが運んで、同行した時には我が目を疑ったぞ」 放っておいたら、いつまでたっても寝具が揃わないだろうと思った、と言われて、喉元を過ぎればすっかり忘れて、布団を注文することさえ、頭になかったわたしはそっと視線を逸らす

「……あぅ、申し訳ございませんでした」 コホンとわざとらしく咳払いをした神官長がちらりとテーブルの方へと視線を向ける

まだ席を勧めていなかったことを思い出して、わたしは神官長を席へと案内した

「神官長の好みはディアンプルーラと伺っておりますけれど、本日のお茶もそちらでよろしいでしょうか?」「あぁ、フランのお茶は久し振りだな」 今日は神官長が相手なので、デリアではなく、フランがお茶を入れる

全く無駄がない、流れるような美しい仕事を食い入るようにデリアが見ていた

同じ水、同じ葉を使っているのに、フランが入れるとお茶の味が全然違うように感じるのだ

「ふむ、相変わらずよい香りだ」 フッと満足そうに目を細めて、お茶を飲む神官長の姿にフランも少しだけ表情を綻ばせる