ノーリミットホールデム

ノーリミットホールデム

あなたも好きかも:ゾーン狙い 期待値
公也のことを異性として好感を持っているシーヴェには少々複雑……いや、少々どころでなく複雑かもしれないが、これから先本気で公也に惚れこむのであればアリルフィーラの存在は切り離せない重要な立ち位置だ

ある意味でそこに最も近い状況にいるのは決してその思いの成就のためには悪くないだろう

むしろハルティーアが気付いたようにアリルフィーラもシーヴェの想いに気づき、うまくそれを誘導して成長させるようにするかもしれない

あなたも好きかも:スロット 連敗記録
そのあたりの点では周りの女性陣がどう考えるか、どう考えているかはわからないところも多いものである

「なので、お願いします! 頑張りますので!」「………………」「………………」「…………まあ、シーヴェがそう判断するなら別にいいんじゃないか?」「そう、ですね

私としてもフィリア以外がメイドの仕事をしてくれるのは決して悪くはないです

ずーっとフィリアばかりがついている気がして、いつ休んでいるのだろうと気にかかっていたのもありますし」「本人がそれでいいっていうなら私も特に言うことはないわね

まあ、メイドの仕事って簡単にできるようになるものでもないけど」「ふふ、そこまで気負わなくてもいいですけどね

フィリアやフェリア、フェリエみたいに完璧にできずとも、そこまで私の身の回りであれこれすることもないですから

あなたも好きかも:がれい スロット 中押し
外に出る場合は少々違ってきますが……流石にすぐにメイドとして側についてもらうことにはならないでしょう

友人みたいにお話しできる相手が側にいるというのが私としてはうれしいかもしれません」「ふーん……まあ、側に気軽に話せる友人が常にいるのは…………どうなのかしら

ずっとメイドらしいメイドに世話をしてもらうばかりよりはちょっとは気が軽いもの? うーん…………外に出たり色々はあったけど、そういうことはあまりなかったというか、経験もないし

難しいわね」 流石にハルティーアも経験のないことはある、というか仮にも王族、王女だったのだ

その活発さ、元気さから外に出てあれこれすることは多く、やんちゃなところがあったにしても、経験のないことの方が圧倒的に多い

身近なメイドの都合とか、ある意味ではアリルフィーラよりも普通に王族らしい感覚だろう

むしろアリルフィーラの方はある意味では他よりも特殊、ハルティーアの方が普通に王族らしい感まであるくらいだ

 まあ、そんな感じでシーヴェにはメイドの仕事を任せる……いや、まだ任せるに早い

まずフィリア、あるいはフェリアやフェリエを含めた三姉妹にしっかりと教えてもらうところから始まり、少なくともアリルフィーラのそばにおいて問題ないと認定されてからメイドとして配置されることになるだろう