パチスロ 体験談

パチスロ 体験談

真っ二つに折れただけでなく、内も外も原型を留めぬほどに破壊され尽くした船は、巨大な鉄の墓標のようだったことを覚えている

 ウルクナクト号という名称には多少なりとも親近感を抱いていただけに、あのような結果になってしまったことは、彼女にとっても残念極まることだった

 もっとも、ウルクの私物といえるようなものは、あの船の中にはなく、そういう意味ではなんの問題もない

あなたも好きかも:カジノ 風営法
 ウルクの私物の中でも、特に宝物とでもいうべき代物は、数年前、ガンディアを離れる際に持ち出しており、そのまま、ミドガルドの手によって魔晶城に保管されているということだった

 とはいえ、ファリアやミリュウ、シーラたちの心情は、察するに余りある

仮に自分の宝物があの船に乗っていたと考えた場合、絶望するほかないからだ

 マユリ神には、なんとしてでも皆の私物の復元に尽力してもらいたいところだ

「まさにその通りじゃな

まさか後輩の修理に赴いた先で、エベルに出くわすなどとは、だれが想像できようものか」 ラグナのいうとおりだった

 まさか、この魔晶城にエベルがいて、ミドガルドに成り済ましている、などと、だれが想像できるだろうか

あなたも好きかも:関東 パチンコ 来店
それも、ウルクたちの到来を予期してのことであり、ウルクがセツナを伴って現れることすら想定していた

つまり、エベルは、ウルクの考え方を完全に読み切っており、ウルクがセツナとの合流を最優先にして行動することさえ見切っていた、ということなのだ

 その上で、セツナを伴ってこの地に辿り着くだろうということも、予想していた

 もっとも、だ

 エベルのその予想には、ミドガルドが量産型魔晶人形たちに託した情報が影響しているのだろうし、ミドガルドは、エベルのそういった企みをすべて見越した上で、自身の人格や記憶を魔晶人形に移していたのだから、読み合いにおいては、ミドガルドのほうが上をいっていたのだろう

 でなければ、ここでこうして話し合うことなど出来ないのだから、当然といえば当然だが