コードギアス 亡国のアキト スロット

コードギアス 亡国のアキト スロット

 降り注ぐ雪の向こうに、段々と銃口で煌めくマズルフラッシュの輝きが見えてきた

太陽のようなはっきりした光ではなく、雪のせいでぼんやりとしている光を見た俺は、前世の世界で夏に何度も目にした蛍の群れを目にしたことを思い出してしまう

 虐待を繰り返すクソ親父から逃れる事ができた季節は夏くらいだっただろう

あなたも好きかも:大 富豪 カジノ
その夏の夜に、よく母は俺を連れて祖父と祖母の住む家へと連れて行ってくれた

 傷だらけになった俺の顔を見る度に離婚を奨める祖父と母の話し合いを聞きながらの生活だったけど、あんな家で生活するのと比べれば楽園だった

あなたも好きかも:オンラインゲーム 気をつけること
小さなスーパーくらいしかない田舎だったけど、俺はあの田舎で過ごすのが好きだったんだ

あなたも好きかも:番長 スロット 誕生日
 蛍を見たのも、そんなお盆の夜だったか………

 物騒なマズルフラッシュから幼少の頃に見た光景を連想しているうちに、雪の中にシュルツェンを装着した無骨な戦車の輪郭が浮かび上がった

まるで雪に溶け込むことを望んでいるかのように真っ白な装甲は所々鮮血で汚れており、砲塔の上に配置されているMG3はひっきりなしに火を噴き続けている

その傍らでは、真っ白な防寒着に身を包んだ歩兵たちが接近してくるグールを片っ端から蹂躙していた

 ああ、仲間たちだ―――――――

 腰に下げていたAN-94を取り出し、セレクターレバーを2点バーストに切り替える

近距離での射撃になるからタンジェントサイトの調整は必要ない

隣ではラウラも同じくグローザを引き抜き、射撃の準備をしている