スロット ヘブン

スロット ヘブン

上記の「文豪」四作の中では『蜘蛛の糸』は語り手視点ですが、他の三作はいずれも主人公や重要なものがポンと出てきます

「村上さんは、物語にとって「重要な言葉」を哲学や文学から引用し、何気ない会話や登場人物の言葉の中で自然に使っているのです

あなたも好きかも:モンスト ぱちんこ
」「『1973年のピンボール』の配電盤のお葬式をする場面では、主人公がお祈りの言葉としてイマヌエル・カントの『純粋理性批判』の一節」を引用

「またオーストリア、ウィーン出身の哲学者ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインからも影響を受けています

『1Q84』の中では、タマルの台詞」で引用

「そんな村上さんは、スイスの精神科医で心理学者ユングの影響も強く受けています

」「『1Q84』では、宗教団体「さきがけ」のリーダーが」ユングの言葉を引用

あなたも好きかも:がんばら ない スロット
さらにタマルが殺人を犯す前に、ユングの言葉を引用しています

あなたも好きかも:アメーバピグ カジノ ツール
 とにかく引用しまくりです

「無断拝借」がとことん好きな書き手と言えます

好きな作家の文体を真似する「村上さんは、好きな作家から徹底的に文体を学び、影響を受けたことを隠しません

」「デビュー作『風の歌を聴け』は短い章立てなど文章の構成がカート・ヴォネガット・ジュニアの『スローターハウス5』とよく似ています

/ ほかにも『タイタンの妖女』『猫のゆりかご』『チャンピオンたちの朝食』などが大きな影響を与えたと思われ、村上さん自身も「愛は消えても親切は残る、といったのはカート・ヴォネガットだっけ」と『雨天炎天』に書いています

」とあるのです

 集中力を持続させるために「走ること」を選んだ村上春樹氏は、回顧録に『走ることについて語るときに僕の語ること』というタイトルを付けています

「このタイトルは、村上さんが大ファンで、翻訳もしたレイモンド・カーヴァーの短編集『愛について語るときに我々の語ること』へのオマージュとしてアレンジしたもの

」としているのです

 オマージュと言えば聞こえはいいですが、要は「無断拝借」つまり「パクリ」です