東京 カジノ プロジェクト ビル

東京 カジノ プロジェクト ビル

「ランディスさん、やっぱりここだった!」「シノーペ?」 まず入ってきたのは、休日出勤だと言っていたシノーペ

その後ろから、大柄なグレーのローブが姿を見せる

「おこんにちはあ

キャスくん、お話聞いたわよお」 少々低めのよく通る声を響かせる、マイガスさんよりも大柄の魔術師

王都守護魔術師団団長、アシュディ・ランダートさんだ

あなたも好きかも:パチンコ オートコントローラー 使い方
 体格は引き締まった細マッチョで、フードを外すと黒に近い赤の短髪に同じ色の瞳

口調はこんな感じ……何で魔術師やってんだろうこの人、ってくらい肉体言語も得意なんだよねえ

あなたも好きかも:東区 パチンコ
「ランディス殿! ティアレット殿から話を伺ったでござるよ!」「ぶっ」 そのアシュディさんに隠れてて見えなかったけれど、もうひとりいたよ

俺よりちょっと低い背丈で、近衛騎士の正装をした女性

 マイガスさんとこの団員、つまり近衛騎士の一人で俺と同じ年のファンラン・シキノ

何でか変な口調の彼女は若葉のような緑の髪をポニーテールにしてて、近衛騎士団の中でも目立つ存在だ

先祖がたしか、東の国の出身みたいなこと言ってたっけ

「何、お前まで来てるんだ」「はっ

魔術師団本部の近くを通ったところ、ランダート団長と衛兵の者共が揉めていたのでござる

そこで自分が間に入り、お話を伺ったのでござるよ」「なるほど」 マイガスさんに聞かれてファンランが答えた話に、あーそういうことかと納得した

 王太子・宰相の俺嫌いコンビ、王城の部屋に置きっぱなしだった俺の荷物も捨てようとしたんだ