パイオニア スロット エラーコード

パイオニア スロット エラーコード

ありがとうな」「……いえ……暇潰しだし……

勝手にやってることだし……

あなたも好きかも:スロット まどマギ 2 セリフ
 傷の具合は、どうですか」「ん? そんなもんまで心配してくれてたりした?」「い、いえ……なんとなく……」 近寄りがたくて、一歩引いたら、その人は黙った

あなたも好きかも:太子 パチンコ ターザン
 そして、もう一度「ありがとうな」と、口にした

「痛みは随分引いた

あなたも好きかも:パチンコ 鎌ヶ谷 ハップス
お前のおかげ

ここ何日かきちんと休めたから

 もうそろそろ、一日歩けるくらいになるかなぁ

 ちょっと鈍っちまったから、あと数日は薪集めがてら、歩いて身体を慣らすけどな」 そう言われて、違う意味で胸がぎゅっとなった

 そうか……あと少しだけか……この人が、ここに居るのは

「良かった……

 あ……でも……なんで、この時間に……ここに……?」 夕方手前の、中途半端な時間帯

 軽食の時間の後、集めて、隠しておいた薪を、ここに運んできたのだ

「そりゃあ、貴族の生活なんて、どこも似たり寄ったりだろ

 朝食とって、勉強して、昼食とって、剣の鍛錬して、軽食とって、自由時間

そんな感じだろ? お前まだガキだし、剣の鍛錬は無いか」「…………なんで……」「そりゃ、傭兵だし

貴族に雇われたりもする」 ニヒヒと笑って、そう言った

そして、懐から木通を取り出す

 一つを僕に、差し出してくれた