ペーパークラフト ゲーム機

ペーパークラフト ゲーム機

「"槍の花(ハルバ・ザハラ)"!」「……ッ!」 倒れるように地面に手を当て、花のように咲き誇る無数の槍がシャバハの足元から突き出してその身体を貫く

シャバハも足元に変化が起きた瞬間自身の肉体を霊体にしたので致命傷は免れたが、半人半霊の肉体では防ぎ切れずかなりの傷を負ってしまった

 倒れたハリーフはそのまま起き上がり、完全に切り離されそうになった上半身と下半身をくっ付け、再生して身体の埃を払う

「……っ

あの傷で立つのかよ……! つかその再生力……!」「一体何が……そ、それって……!」 その身体を見、レイとシャバハが疑問を浮かべる

 それもそうだろう

元々ハリーフは回復術を持ち合わせていない

にも拘わらずその肉体が傷痕を残さずに再生したのだから

あなたも好きかも:群馬 パチンコ ばくさい
──そう、それではまるで、「生物兵器みたい……ですよね?」「「……!」」 そう、その再生力は不死身の兵士生物兵器の様

ハリーフは得意気に笑い、再生した肉体を一瞥する

あなたも好きかも:8月7日 スロット 誕生日
そして地に伏せるレイとシャバハに向き直り、槍魔術を形成した

あなたも好きかも:ラノベ タイトル スロット
「ハリーフ……テメェ……!」 そんなハリーフを見やり、憤慨したシャバハが血を流しながら立ち上がる

その様なシャバハの態度に、ハリーフは小首を傾げて訊ねた

「一体何を怒っているんですか? ああ、敵が強くなれば当然その様な反応をしますよね」「そうじゃねェよ

自分の意思で生物兵器の肉体になったっ言《つ》ー事はテメェ、魔族を捨てたって事だ

まあテメェ自身、元々裏切り者ではあったが……その肉体を含めて全てが変わった

魔族としての誇りはねェんだな?」「見ての通りですよ