埼玉 三郷 スロット

埼玉 三郷 スロット

『ま、そんな安っぽい感情で国を滅ぼすようなこともしたくはないがね』 彼は自嘲したが、そんな彼の感情的な決断を批判できるものなど、そうはいまい

 自国を侵略され、征服されることを喜ぶようなものなど、いるものではないのだ

「あなたにしてはめずらしいことだが、随分と、苦しんでいるようだ」「別にめずらしいことでもなんでもないよ」 顔をあげると、アスタルの顔が間近にあった

思わず、見とれる

湯上がりの彼女は、いつも以上に艶やかに見えて、エインは一瞬、我を忘れかけた

あなたも好きかも:パチンコ 柏 楽園
「なんだ? わたしの顔になにかついているのか?」 アスタルは、エインの反応が理解できなかったのか、きょとんとしながら対面の席に腰を下ろした

「そういうわけじゃないんだけど」 エインが頭を抱えていたのは、マイラムにある彼の屋敷、その一室だった

当然、彼の妻であるアスタルも同居していたし、その部屋は彼の自室でもなんでもなかったし、扉に鍵もかかっていなかったため、湯上がりのアスタルが入ってきてもおかしくはなかった

あなたも好きかも:西武新宿 パチンコ 事件
寝間着に包まれた肢体は、いまも均整の取れた体型を維持しており、年齢を感じさせない若々しさがあった

ついさっき間近で見た顔も、年々若くなっているのではないかと噂される通りだ

エインを夫として迎え入れたからだろうという噂もよく聞くが、それはどうなのだろうか

エインにはよくわからない

 ただ、結婚したことで、アスタルが以前にも増して精力的に活動するようになったのは確かだろう

それが、彼女の若々しさにつながっているのかもしれない

 そんなことをぼんやりと考える