デビルマン スロット 期待値

デビルマン スロット 期待値

でもその逆、全部が毒と言うのは基本的にあり得ないわ

あなたも好きかも:サクラ大戦 パチスロ 撤去 理由
私みたいなのならともかく」 ヴィローサは己が毒の妖精であるがゆえに、己自信が毒そのものと言っていい

だからある意味ではモスマンと呼ばれる存在に近いものと思っている

そもそも毒とは何か、彼女にとってはそれは害、害意、すなわち敵となり得るもの、脅かす存在、悪、そういったものだ

あなたも好きかも:佐倉 スロット
ヴィローサは悪、まあこの世界にとっては危険な毒を操る存在……というか本人がそういう性質を持つがゆえに自身をそれ一色にしているがゆえにすべてが毒ということになるわけだが、まあそれはさておき、モスマンはヴィローサが見てその存在が毒である、全てが毒であると判定した存在

すなわちこの世界にとって害にしかならない存在

もっとも判断しているのがヴィローサなので厳密にすべてが毒だから世界にとって害にしかならない、とは限らないのだが、まあともかくモスマンは敵、絶対に仲良くなることの駅ない害悪存在であるということになるだろう

「全部が毒……」「あらゆるすべての敵、あらゆるすべてを敵とする存在

まあ私も似たようなものだけど、そういうのは基本的にまともに生まれるものじゃないわ

私はキイ様がきっかけだったけど……モスマンとやらがなんなのかはよくわかんない」「そうか」「ついでに言うけど、そこの女も似たようなものだから」「……私ですね

そうですか、私も毒、ですか」 少し傷ついたように、しかし納得しながらカシスは言う

「……呪いか」「恐らくそうでしょう

本来呪いは生物にとって害となるもの

使い方次第では祝福にも加護にも利用できますが、結局のところそれ自体がその者に対する害の一種です

使い方次第というのもあくまで方向性で害とならないように調整しているだけにすぎませんから」 強い呪いをかけることで他の呪いを避ける呪い避けにしたり、ある種の弱体化をすることで別の変化を防ぐとかそういう使い方もできる

しかし呪いの本質は結局のところ相手への干渉、意思による変化……相手をどうにかしようという効果である

おまじないもお呪いと書くように結局のところ呪いと本質的に違いはない

願いによる改変、変化、影響、相手に対する干渉……本質的にそれは害に近い