スロット 一番最初

スロット 一番最初

Bloggerの推奨事項:

だから――俺から教えられるのは生き延びる術

以上だ」 大勢の前でなぜか堂々と話せた自分を誉めてやりたい

 全兵士に向けて、俺は短い言葉で締めた

あなたも好きかも:オンラインカジノ登録ボーナス
 ああだこうだ話すのは億劫だしな

あなたも好きかも:犬夜叉 トイレ パチンコ
「そんなことで鬼人族に勝てるのか?」「そもそも何であんな奴から教わらなきゃいけんだ?」「どうせなら、あの隣に姉ちゃんから教わりたいぜ

手取り足取りな」「おぉ、そりゃあいいや!」 ガヤガヤと不満を言う声が聞こえてくる

 わかってはいたが、こりゃあ荒療法が必要だな

あなたも好きかも:ガールズスポット パチンコ
 俺の右にはティス、左にはチヒロがいる

 俺はチヒロをチラッと見ると、彼女もこっちを見てくれたので、目配せした

「とはいえ、軍人でもなく、上の立場でもない人に教わるのはあなたたちも嫌でしょう? だから、条件付きです

もしこちらの一斗に勝てたら、今回の訓練は免除とします

ルールは簡単

町の外で、一斗対その他全員で戦ってもらい、一斗を戦闘不能にすれば勝ちとします」 チヒロの宣言に、兵士たちが一斉に騒めく

 それも当然だ

 つまり、俺は一人で不服のある兵士たち全員を相手にしなければならないのだから

 本来なら無理ゲーでしかないが――果たしてどれくらい人が集まるのやら

 *「で、集まったのはこれだけか?」「これだけって――千人近くは残ってるわよ? 本当にいいの?」 珍しくチヒロと話していないのに、マヒロが話しかけてきた

「心配してくれるのか、マヒロ?」「なっ!? そ、そんなわけないでしょ! 誰があんたなんか――せいぜい間違っても死なないようにすることね!」 ツンツンに怒って、マヒロは俺の傍から離れていく