おそ松くん パチンコ 大一

おそ松くん パチンコ 大一

Bloggerの推奨事項:

あなたも好きかも:パチンコ 文化遺産
「本来ならあまりこの場所から離すべきではないとは思うのですが、そういうことなら……」「すまないな、アルビオ」「いえ」「という訳だ、オルヴェール

安心してくれていい」 全く安心できない!! 俺の秘密がバレる!! それと同時に信頼が一気に崩れ去る

 俺は必死に言い訳や対策を考える

今までにないくらいに頭をフル回転させる

「オルヴェール、頼む

あなたも好きかも:パ パチンコ ジャンボ
この文字の読み方を教えてほしい

勿論これだけの事だ、報酬は期待してくれていい」 そんな期待より俺は信頼を守る方法が欲しいの! 願わくば

ヤバイ……! マジでどうしよ

 俺の真っ青な表情を見たアイシアは殿下を止める

「殿下! ストップ! 待ってください! リリィの様子が変です!」「何?」 ハイドラスは俺をじっと見るとすぐにはっとなり謝る

あなたも好きかも:デビル スロット カード
「申し訳ないオルヴェール

つい興奮してしまった……」「スゴイ勢いでしたからね、殿下」「あんな殿下、珍しいですよ

そりゃあリリアちゃんも怯えますよ」 ウィルクはそう言うとそっと近付く

「ゴメンよ、リリアちゃん

とりあえず一旦、上に言って休もう

地下の空気と殿下の圧に当てられたらしいからね

アルビオ、すまないがリリアちゃんに何か飲み物でも用意してあげて……」「わかりました」「さ、行こうか