エウレカセブンao スロット シークレットバトル

エウレカセブンao スロット シークレットバトル

Bloggerの推奨事項:

 真里乃は「まったくもう……」と、上目遣いでいる優樹を見て、深く息を吐いた

「あなたって子は、ホントに……

雪のないところで滑るなんて……

どうしてそんなにドジなの……」「……」 反論したくても、そういう立場ではない

あなたも好きかも:akb パチンコ 甘 桜
優樹は「……ごめんなさい」と、ションボリ俯いて小さく謝った

 ペンションの側までスノーモビルを運び、止めると、生美と華音が優樹の両脇に入って彼女を支えながら中に入った

吾郎と良子も心配をしていたようで、無事に帰ってきて安堵のため息を漏らしていた

あなたも好きかも:泉南市 パチンコ
 すぐに、「体が冷えているだろうから」と、吾郎がタオルケットを持って来てくれて、ソファに下ろされた優樹の肩から掛け、一平にも手渡し、良子は「温かい飲み物を……」と、キッチンに向かう

「……念のために、傷、診ておこうか」 反町が言うと、立花が「待ってろ」と奥へ歩いて行って、救急箱を持って戻ってきた

優樹の隣りに腰を下ろし、手際よく包帯を解いていく反町を窺いつつ、一平はティッシュで軽く鼻をかみながら覗き込んだ

「……血ぃが止まらへんかってんけどな……」 不安げな声を聞きながら傷を隠していたガーゼを取ると、そこにも血が滲んでいたが、傷口からは溢れてこなかった

「……くっついてしまってるな

……このままにしておいた方がいいかも

……綺麗に手当てしてくれてる」 そう言って、新しいガーゼを切って傷口に当て、包帯を巻いていく

「大丈夫

深そうだけど、血も止まってるし

ただ、ちょっと傷が開かないようにだけ気を付けて」 優樹は、再び包帯を巻かれた手を見て少し肩の力を抜いた

「ホント、ヒヤヒヤさせる奴だなー」 対面のソファに腰を下ろした洋一がため息混じりに苦笑した