聖闘士星矢 スロット スペシャル 不屈

聖闘士星矢 スロット スペシャル 不屈

Bloggerの推奨事項:

利害は一致してると思うし……策にはめようっていうのなら、あたしらのする心配だと思うなあ」「……まあ、そうかもしれねえな」「でしょ? そっちの邪魔したいなら、わざわざ同じチームにもなんないし

あなたも好きかも:テーブルゲーム ホッケー
んで、ムツキさんとウーさんは、ほかのチームの偵察でもしてる?」「おう、まあな

あなたも好きかも:スロット 強化学習
てっきり、ミヤコもやるかと思ってたんだが」「ああ、そういうのあたし、向いてないから」 その場で対峙して――ならともかく、観戦して程度を測ろうなんて真似、うまくできるとは思えない

「安心していいって言うのは変だけど――そっちの目的にも、大した興味はないから」「断言すんなよ」「事実だから」「それをウーとムツキに説明する俺の身にもなれってんだ

お前らをチームに加えるのだって、あいつら心配し過ぎなんだよ……うるせえったらありゃしねえ」「いやいや、それが普通だと思うよ」「――だから、腕が立つ証明を寄越せよ」「は?」「一手交えようって言ってんだ」「……いいけど、ここで?」 それなりに目があると思うのだが、構わないだろうとディドは言う

あなたも好きかも:パチンコ ガンスリンガーストラトス モード
なので木から背中を離したミヤコは苦笑して頷いた

「じゃあ、やろうか?」 背中から抜いた大剣は両手で持ち、距離はおおよそ八歩

だが、それはすぐに詰められた

まるで大剣をその場に置いていくかのよう、躰だけが先に前へ来る接敵、そこから振り下ろされる大剣の速度は、その重量を感じないほどに早い

 けれど

 大剣は、ミヤコの肩があった位置でぴたりと停止した

けれどミヤコは、その切っ先が見える位置にまで後退している

 ――なに? 当たる、と思って停止したのにも関わらず、現実には当たらなかった