絵 スロット

絵 スロット

Bloggerの推奨事項:

この歯車が止まって静かになってくれれば、その時計塔の中は彼にとって理想の隠れ家になるに違いない

あなたも好きかも:パチンコ アンパンマン
「ユーリィ」「………なんだ、ヴィクトルおじさんしゃないですか」 そこを根城にするユーリィは、自分よりも遥かに古参の吸血鬼に名を呼ばれても、相変わらず馬鹿にしているかのように返事をするだけだった

古参のヴィクトルからすれば生意気な若者でしかないユーリィだが、彼の戦闘力は吸血鬼の残存兵力の中でも高いし、ただでさえ同胞の数が減っているのだから迂闊に粛清することもできない

 それに、生意気だからという理由だけで手にかければ、彼の主君が黙っていないだろう

「鍵は?」「カーミラ様が手に入れた」 メサイアの天秤を手に入れるためには、天秤が保管されている場所の扉を開けるための3つの鍵が必要になる

そのうちの1つは海底神殿に保管され、2つ目は倭国の九稜城の天守閣に保管された

今ではその両方が、吸血鬼たちの怨敵であるリキヤ・ハヤカワの息子が持っているという

 しかし最後の1つは――――――もう、彼らの主君が手に入れた

あなたも好きかも:パチスロ 噂
これであの魔王の息子たちが時計塔にやって来ても、地下にある宝箱の中は文字通りもぬけの殻

そして鍵を欲する彼らは、必然的に吸血鬼たちにおびき出されることになる

「ユーリィ、あのガキ共にリベンジしたいとは思わんか?」「なに?」「メウンサルバ遺跡では無様にやられたそうではないか」「黙れよジジイ」 メウンサルバ遺跡で、リキヤの息子たちを襲撃したのはこのユーリィである

しかし彼はタクヤやラウラたちを完全に見下していたため、隙をつかれて何度もやられた挙句、鍵の場所が保管された資料を奪われて逃げられるという醜態を晒しているのである

 プライドの高い吸血鬼が、汚名返上の機会を与えられれば確実に乗る

案の定ユーリィはヴィクトルの目論見通りに、その汚名返上のチャンスを欲していた

 ヴィクトルはユーリィを嘲笑いながら言った