カイジ スロット エンディング

カイジ スロット エンディング

Bloggerの推奨事項:

「だからといって遊びではありません

あなたも好きかも:福岡 パチンコ ば くさい
……それだけは確かです」 どうやら体だけの関係だと思われてしまったようだ

 勘違いしないようにと付け加えると、立花も顔を上げて安堵の笑みを溢し、肩の力を抜いた

「だ、だよな

……オレ、何をしてたんだ、ってマジで考えちまった……」 軽率さに自分自身を疑いたくなったのだろう

あなたも好きかも:パチンコ 鬼武者 狂喜乱舞 7テン
 頬を引き攣らせて笑う彼に弥生は苦笑し、そっと視線を落とす

「あなたはそんな軽い人ではありませんよ

……とても真っ直ぐで、心根が強くて優しくて……正直な人です」 うっすらと笑みを浮かべながら穏やかに告げられ、キョトンとしていた立花は恥ずかしそうに笑って床を爪先で叩いた

「なんか……照れくせぇな、そういうの」「……そうですね」 お互い目を逸らしたまま笑い合う、なんだかほっこりとした空気が漂うが――だとしたら疑問が残る

「……、なんで付き合ってないんだ?」 話しは戻って再び怪訝に眉を寄せて首を傾げられ、笑顔を消していつも通りの無表情さに戻った弥生は彼と目を見合わせて鼻からため息を吐いた

あなたも好きかも:町田 パチンコ グランドオープン
「私に言われても困ります……」「……困るって言われてもオレも困る」 立花は顔をしかめたまま腰に手を置いた

「いつから始まった?」「……さあ? いつからでしょう

……自然と」「じゃあ、どっちが先に好きになったんだ?」「……さあ? あなたの気持ちはわかりませんから」「じゃあ、どっちが先に告った?」「……どちらもまだ、告白などということはないと思います」 問い掛けに対して淡々と答えられ、立花はがっくりと項垂れるとため息を吐いて肩を落とした

「なるほどな……

先に手が出た、ってことか」「……ええ、あなたから」 そこは迷うことなく答えられて立花はじっとりと目を上げた

「おまえだってその気があったってことだろ」 お互い様だ、と言わんばかりに拗ねるように口を尖らせられ、弥生もじっとりと目を細めた

「……あなたのその子どもっぽいところは記憶をなくしても健在ですか」「うるせぇよ」 ギロッと睨んだ後で、気を取り直すように深く息を吐き出し肩の力を抜く

「オレとおまえは、付き合ってないけどそういう仲だった、ってことはわかった

……でも、遊びじゃなくて本気だったんだよな?」「……私に聞かないでください