パチスロ 何が面白いの

パチスロ 何が面白いの

Bloggerの推奨事項:

そんな真顔の立花に弥生は間を置いて少し微笑み、膝に置いていた手をそっと上げると彼の頬を指先で撫でた

「……冷静にならなくていい、……そう言ったのは、あなたでしょう?」 少し戸惑い気味に目を泳がせる立花の頬を撫でていた指先で、彼の唇をそっと撫でる

あなたも好きかも:パチスロ モンハン ゾーン
うっすらと微笑みかける弥生の目と向き合い、立花は間を置いて腰を上げると、それと同時に彼女の腕を掴んで立たせ背中に腕を回して導き歩き、隣の部屋に入り込んでドアを閉めて鍵を掛けた

あなたも好きかも:ファースト・パーソン・クラップス
――ベッドルームだ

 モノトーンで整えられたシンプルな室内をゆっくりと見回す弥生の背中を引き寄せた立花は、その場で壁に寄り掛かり見上げた彼女にキスをした

 今までとは違った夢中なキスだ

でも、決して強引ではない

 抱き締めていた腕を解き、着ていたTシャツを脱ぐと、再びキスをしながらベッドまで導き歩き、そこで重なり合う

あなたも好きかも:パチンコ アホらしい
その頃にはいろいろと考えるのはやめた

唇を重ねながら許可を得ることなく手探りで着ている物を脱がせば、あとはもう、成り行きのままだ

けれど、ふと見下ろした弥生が顔を背け、じっと目を閉じている姿にサッと意識が覚めた

 ――互いに好意は抱いていても、一歩踏み出せなかった、その理由は、慣れない恋愛で失敗した過去があるからだ

 ここで振り出しに戻ってしまえば、それこそ、いつまでも臆病なまま立ち止まってしまう

踏み出すにしても、慎重に事を進めた方がいいだろう

いつでも止められるように、その心構えだけは失わずに

 しかし、弥生は嫌がる素振りもない