ウィリアム昼

ウィリアム昼

Bloggerの推奨事項:

熱いともがくこともせず、すっかり気を失ってしまっているらしい

いや——まさか————っ

あなたも好きかも:line スタンプ ブラックジャック
いいや——そんな筈は無い————っ! だって——だってマーリンさんが——ミラを——っ

「————」「——? 何を————っ!」 声が聞こえた気がした

あなたも好きかも:ラウワン スロット メダル
けれど、この場において音を発していたのは、僕と、僕の服と、焼ける土と木と草と、そして風だけだった

だから——それは声では無くて、僕が勝手に望んだ幻聴だったのかもしれない

けれど……それはどちらでもよかったのだろう

あなたも好きかも:パチンコ 明治 飯塚
僕とミラは、突如吹き荒れた突風に吹き飛ばされた

なだらかとはいえ登りの斜面を押し転がされ、そしてまた木にぶつかって止まる

その風が——暴風が自然のもので無いことは、これまでの経験則と差し向けられていた手のひらになんとなく理解していた

そう——差し向けられた、マーリンさんでは無いもう一人の魔女の手のひらに————「————っ

クソ——クッソォ——っ!」 魔具なんて無い

獣の肉体も無い

手元にあるのはヤケクソじみた果敢さと、そして泥だらけの煤だらけになったボロのシャツ一枚

これでなんになる、いったいどんな抵抗が出来る

結果は火を見るよりも明らかかもしれない

でも————っ