パチスロ 天国 と は

パチスロ 天国 と は

Bloggerの推奨事項:

 二週間ほど前、里に着いた翌日のことだ

カナンはトビトに対して自分の計画を打ち明けていた

計画とは言っても、現時点ではそこまで現実味を帯びてはいない

だが、様々な資料や史跡の存在から、かつてエデンと呼ばれた都市が存在することは事実である

 復活させる手段についても、カナンはいくつかあたりをつけていた

あなたも好きかも:リングバースデイ パチンコ シンプルモード
エデンを探す道中で、並行してそれらを見つけていくつもりだと語った

 エデンを見つけて、そこの運営を軌道に乗せる……ずいぶん気の長い話だと、彼女自身そう思う

あなたも好きかも:スロット 実記
 だが、希望にはなるはずだ

 里を失った彼らが、これから困難に直面することは想像に難くない

だが、そんな中にあっても一つくらい、救いになるようなものがあっても良いのではないか

 もちろん現時点でついてきてもらうことは出来ないが、エデンを発見した後、運営者の一人として助力を乞えないだろうか……

あなたも好きかも:パチンコ ライジンマンショック
(なんて、今考えても仕方が無いけれど) まだ見つけてさえいないエデンに思いをはせたところで、何の意味も無い

ただ、風読みのトビトの名前は、憶えておくだけの価値がある

「カナン様、見えてきました」 ハッと顔を上げると、決して遠くない位置にウルクの大燈台《ジグラット》の光が見えた

闇に包まれた世界にあって、そこだけが明々と照らしだされている

まるで純金の泉のようだ

ここしばらく、煌都の天火《アトル》から離れて生活していただけに、その光は一層眩しく見えた

 だが、その光の中に入っていけない人々も、この世界には数多く存在している

「トビトさん、あの」「貴女のおっしゃりたいことは分かります