ケンゾー スロット

ケンゾー スロット

Bloggerの推奨事項:

王都の方が恵まれた待遇を得られたかもしれないのに、あの魔物はそれを理解してくれていたのだ

ところが最近、とんでもないことが起こった

あなたも好きかも:スロット 期待 値 嘘
なんと、そのグラスト様の魔物が、成長し姿を変えてしまったのだ

グラスト様より直々に説明をいただいた僕達は、困惑の眼差しでグラスト様の袖を掴んでいる、白混じりの髪の少年を見つめる

魔物の姿を最盛期に示すのは、青年から、中年期手前までの、成熟した男性の姿だった筈だ

それなのに、縮んでしまわれた

だがしかし、白持ちになられていたのである

あなたも好きかも:千葉 県 パチンコ 店
「きっとさ、白持ちに進化した際に、魔術をそちらに振り分けてしまったんだよ」同僚のフレイがそう推理し、僕達はさもありなんと頷く

同じように戦後生まれの両親を持つフレイは、伯爵家の三男なので、僕達よりも魔術への傾倒が深いのだ

あなたも好きかも:百花繚乱 スロット 俵
以前、なぜ王都での近衞騎士を目指さないのかと問うと、そこには兄と従兄弟がいて嫌だったと教えてくれた

他家の事情も色々と複雑なものだ

そして今、僕達が最も頭を悩ませている問題がある

ゼノーシュ様が、日に日に、危険な技術を増やしておいでなのだ

「今日さ、グラスト様の腰のベルトに掴まりながら歩いてたんだぜ」「この前なんてさ、俺が休憩時に食べようとした焼き菓子を、窓からじっと見ているんだ」「俺、飴をあげたら、“いいの?”って首を傾げられたんだぜ?夜勤明けには辛いだろ?」即ち、最近のゼノーシュ様は可愛らし過ぎるのだ

勿論、この王宮には僕達騎士に甘やかな感情を呼び起こす、適齢期の少女がいる

しかし、彼女には決して近付いてはいけない

そうなると、必然的に僕達の興味は、弟のように可愛らしいゼノーシュ様に向く

何しろ、おやつをあげれば懐くかもしれないのだ