デジャブ スロット

デジャブ スロット

Bloggerの推奨事項:

 神と普通に話をしたばかりか、ごく当たり前の友人のように話をするのを見て、まともな状態でいられるはずがない

 そう言う意味では、アカツキの反応は、一般的な常識に近いものと言っていいだろう

納得いかない

・・・・・・まあ、いいけど」 自分の非常識を棚に上げて無理やり納得した考助は、小さく首を傾げた

「それよりも、僕が現人神だって教えているはずなのに、そこまで一般的な対応をするのかな?」「現人神というのは、それこそ一般的に知られている言葉ではないですから、もし孤立した場所で生活をしていたのであれば、知らなかったとしても不思議ではありません」 現人神は、考助がなったときにできた言葉といっても過言ではないので、一般的に認識が広まったのはごく最近のことだ

 アカツキのように、ごく限られた場所で生活をしていた者が知らなくても、何らおかしいことではない

 「神」とついていることから、それに準じた立場だろうと理解することは出来るだろうが、神そのものだとは思わないだろう

あなたも好きかも:出玉ランキング スロット
 たとえば、ナナの種族は白銀大神だが、神そのものだというわけではない

 考助の現人神も、アカツキにそんな感じで認識されたとしてもなんの不思議もないのだ

あなたも好きかも:スロット 黄門ちゃま喝 天井期待値
 アカツキに視線を向けて、まだ目が覚める気配がなさそうだと感じたシルヴィアは、考助に向き直って聞いた

あなたも好きかも:パチンコ 羽モノとは
「ところで、ジャミール神との話はどうだったのですか?」 考助の交神が終わるか終わらないかのタイミングでアカツキが倒れたので、シルヴィアは話の内容まで聞いていない

 シルヴィアから聞かれたことでようやくそのことを思い出した考助は、ジャルとの会話を繰り返したうえで、待っている状態だと付け足した

「どうも話の感じでは、かなり下位の女神が関わっていそうだったからね

もう少し時間がかかるんじゃないかな?」 女神たちが一か所に集まっていれば、すぐに話を聞くことは出来るが、普段女神たちは神域のあちこちに散らばっている

 そのため、情報を集めるのにも、多少の時間はかかるのだ

 シルヴィアは、考助の言葉に頷いた

「そうですか

それにしても、いずれの神が関わっているのでしょうね

コウスケさんが塔を得てから、時間はかなり経っているのですが」「それも含めてこれから確認したほうが良いだろうね