北斗の拳 スロット 修羅 天井

北斗の拳 スロット 修羅 天井

「確かにアレは分かりやすい違いだ

他にも、例えばスマホ全盛期だったはずがここではガラケーが再流行していたり、政治家の顔ぶれや雑誌の流行の差とか色々と違いはあるんだけど……多分、君にとってもっとも明確な違いはこの世界にはゼクシアハーツがないことだと思う」 その言葉に風音の心臓がドクンッと高鳴った

「どうして?」「あれが全部の原因だったから……かな」 達良がひどく曖昧に答えた

それから下を向いて、口にする言葉を吟味するようにゆっくりと続きを話していく

「他の世界とも繋がってるから、外因によっても大元の歴史とは少しずつ変化している

あなたも好きかも:イヤホンコンバーター パチンコ
歴史の修正力とでも言うべきものも働いて『いた』けど、わずかな変化が大きな変化へと変わるバタフライエフェクトはいつだって起こり得るし、確定された未来は存在しないんだ

あなたも好きかも:パチンコ 別府 営業時間
ただ君の世界の達良は、最大の原因であるゼクシアハーツを取り除くことで問題の発生を防ごうとした

その目論見はある程度は成功したけど……本当に取り除きたいものは取り除けなかった」「私の達良くんっていうのは……ツヴァーラの王様になった達良くんだよね?」「そうだよ

あなたも好きかも:確率の計算 パチンコ
死後に奉られ、英雄から神に昇華したもうひとりの僕が造った世界がここだ」「達良くん……神様になったんだ」 風音がそう口にする

死んだと思っていた友達が、実際に死んではいるけども健在ではあるというのは嬉しいことだった

だが、目の前の達良は苦々しい顔をしている

英雄が死後に神として奉られるのは別に珍しいことじゃないからね

特に大陸全土をかけた戦いに勝利した存在であれば尚更だ

そうして彼は神となったことで世界の裏側を知り、神としての力を伸ばして、廃棄されていたこの世界を再生させるに至った」「廃棄?」「元々この世界は千年前もこの時代だったんだ

いや、この……では分かり辛いか

つまり君たちの元いた世界がオリジナルだとして、ゼクシアハーツを元にしたのが幻想伝記世界と仮称しよう