蒲田 スロット 5ch

蒲田 スロット 5ch

 とよくわからない歌で喜ぶピーチを、不思議そうな顔でミツキが見つめていた

 今まで考助の傍にいたのは、コウヒだったので、ミツキは別の場所に行っていたのである

「何かあったの?」「・・・ああ、うん、まあ

色々と」「ふーん・・・まあ、いいけど

あなたも好きかも:福井コロナ ワールド パチンコ
ところで、第九十一層の神力回収値見た? なかなか面白いことになっているわよ?」「・・・え? 見てないけど?」 ミツキの言葉に、すぐにチェックをしてみた

 ちなみに塔の管理メニューで、各階層ごとに神力の回収値を見ることが出来るようになっている

 ミツキはそれを見るようにと言っているのである

あなたも好きかも:パチンコ 閉店 後 清掃 コツ
 そして、指定の第九十一層の神力の回収値を見た考助は、目を丸くした

「・・・は!? 何、これ?」 昨日までの第九十一層の神力回収値は、自然発生値では一日ごとに百に達していなかった

 それが、今日この時点で一万近くなっていた

あなたも好きかも:ウィンター・ワンダーズ
 第九十一層は、上位系モンスターが出現する階層だ

 モンスターさえ倒せれば、可能な数値であるので、不思議ではないのだが、それを誰がやったのかが問題なのだ

「ミツキがやったの?」「違うわよ

私はそれを見て、誰がやったのか確認してきたのよ」 基本的にコウヒとミツキは、考助の護衛の立場を崩していない

 どちらか一方が手が空いているときに、塔に何か変わったことがあった時は、それを確認しに行っていたりしている

「・・・じゃあ誰が?」「だから、面白いことになっているって言ったじゃない」「確認しに行きましょう」 珍しくコウヒの口から意見が出て来た

 コウヒも第九十一層で何が起こっているのか、確認しに行きたいのだろう

 考助としてもそれを断る理由もない・・・というより早く確認したいので、それをすぐさま受け入れた