ワンワン物語 パチンコ

ワンワン物語 パチンコ

ならば――――「よし、明日は引っ越しがあるから無理だけど、明後日セントレアにいる先遣隊を叩きつぶそう」「だ、旦那様、それはさすがに危険では?」「そうですよカケル殿、敵の戦力さえも分かっていないのですから、もう少し情報を集めてからでも」  無茶ではないかと心配するセレスティーナとアルベルト副団長

「大丈夫、実はセントレアの情報は、ほぼ集まっているんだ

あなたも好きかも:デビルマン パチンコ 甘
敵の戦力もある程度鑑定済みだよ

そのうえで十分勝てると判断したからね

このまま連中を放置して、新たな悲劇が起こったら目も当てられないし、出来ればスタンピード前に片付けたかったんだ」 敵本国からの本隊が到着する前に、十分な防衛体制を構築しなければならない

時間はいくらあっても足りないから優先順位を間違えてはいけない

「……わかった

旦那様がそこまで言うのならば当然私も参戦する

母国を蹂躙した魔人帝国を許すわけにはいかないのだからな! アルベルトは各地の監視体制の維持と防衛を引き続きしっかり頼むぞ」 「わかりました

あなたも好きかも:ミルキィホームズ スロット つぼ
どうかご武運を、吉報をお待ちしております」 綺麗な敬礼で見送ってくれるアルベルトさん

 すいません、次から次へと仕事を増やしてしまって

今度差し入れ持って来ますね

あなたも好きかも:パチンコ いい 話
 アルベルトさんと別れ、セレスティーナとともに騎士団本部を後にする

「旦那様、みんなとはどこで待ち合わせなんだ?」 腕を組み、柔らかい身体を預けてくるセレスティーナが可愛い