パチンコ プレイステーション

パチンコ プレイステーション

 既にミクはサキュバスとしての高度な訓練を受けているので、感覚的なことは考助には分からない

 こういうときは、ピーチに話を任せた方が早いのだ

「ミク、それは人の視線のようなものでしたか~?」「ごめんなさい

一瞬すぎて、分からなかった・・・・・・」 少しだけ落ち込んだような顔になったミクに、ピーチは首を左右に振った

 もし、その違和感がどこかからの監視だとして、今のミクに気取られないように、一瞬で気配を消せる相手となると、相当の実力者になる

 ミクが謝る必要はないのだ

 勿論、この時点でピーチは、ミクの感じた『違和感』が、ただの勘違いだという可能性も頭に入れている

 それは別に、ミクが未熟だからというわけではなく、どんなに熟練者であっても、そうした勘違いは起こるためだ

 ミクの様子を見ながら、しばらくどうするべきかを考えていたピーチは、やがて結論を出したのか、考助を見て言った

あなたも好きかも:東京都 換金率
「しばらく私が様子を見ますね~」「ピーチが? ・・・・・・それはいいけれど、ほかに手は必要ないの?」 考助の問いに、ピーチは首を左右に振った

「今はまだ確定しているわけではありませんから~

あなたも好きかも:龍が如く スロット 歴代
それに、少し気になることがありますし」「気になること?」 ミクの話ではまったく気付かなかった考助が、首を傾げながらピーチを見た

 考助に向かって頷いたピーチは、今度はミクを見ながら言った

あなたも好きかも:パチンコ マルハチ 本店
「ミクたちが見たという露店が気になるのですよ~」「露店? でも、セイヤたちが話を聞いて、特におかしな点はなかったんだよね?」 考助の疑問に、ミクがコクコクと頷いた