バカラ 負けない方法

バカラ 負けない方法

とっさに倉敷が水の盾を顕現させ刃の勢いを削ぐが、同時に炎が襲い掛かり水の盾を完全に蒸発させてしまった

そして盾がなくなるのを見計らって再び氷の刃が襲い掛かる

康太たちは跳躍してそれらを回避すると声を張り上げた

「じゃあ僕は左右のやつを受け持つよ!手の内がわからないなら対応能力があるほうがよさそうだね、ベル!一緒に来てくれるかい?」「了解しました

ビー!トゥトゥ!あんたたちは上下のやつを仕留めなさい!手の内がわかってるからって油断しちゃだめよ!」「了解!叩き潰す!」康太がやる気をみなぎらせているのを見て、幸彦と文は視線を合わせてから互いに頷く

この場で戦えば康太たちと同じ戦場で戦うことになってしまう

ならば自分たちが場所を変えなければならないと考えたのだ

あなたも好きかも:パチンコ 規制 6 月
「ベル!合わせてくれよ!」「任せてください!」幸彦が勢いよく地面を隆起させると、二人の魔術師は上空に跳ね上げられた

あなたも好きかも:西場商事 パチンコ
だが相手も即座に反応している

風属性の魔術を使って態勢を整え反撃しようとしていた

次の瞬間、文の竜巻の魔術が二人の魔術師を襲う

激しく発生する乱気流に、相手はわずかに体勢を崩しかけるが、相手も風の魔術を使えるためにそこまで大きく影響されることはなかった

だがほんの少し反応が遅れれば文にとっては十分だったのである

竜巻に乗せた砂鉄を伝って電撃が二人の魔術師に向けて飛んでいき、その体に直撃していく

だがまったくと言っていいほどにダメージは受けていない

その魔術は攻撃のための魔術ではないのだ

「さぁ、こっちに来てもらうわよ!」文の発動したのは磁力の魔術だった

竜巻から引っこ抜くかのように無茶な挙動で横移動をし、左右の形が違う仮面をつけた魔術師は遠くに弾き飛ばされるかのように飛んでいく