ガルパン パチンコ 104

ガルパン パチンコ 104

 食欲無いと思うけど、まだ取れるもの取ってりゃ大丈夫だから、そんなに不安にならなくて良いからね?」 言い聞かせるようにナジェスタが言い、腕の中のサヤがこくこくと頷く

 そしてその様子ににっこり笑ったナジェスタは……今度は俺に怖い顔を向けた

むしろお前が自重しろよ

あなたも好きかも:リアルマネーカジノ ログイン
という、圧

「良い? 当面、仲良し禁止!」 …………は?「病人にそんな無茶するはずないだろうが⁉︎」 俺を何だと思ってる⁉︎ しかし俺のその反論に、ナジェスタどころか周りの皆まで溜息を吐いた

「いや……そうじゃなくてね

ちょっと長い禁欲生活になるから、大丈夫かなと思って

あなたも好きかも:パチンコ ユーチュー バー 個人
 レイ様三年我慢できた人だから、そこはほら、信用したいんだけど……したいんだけどねぇ……」 ここのところが信用ならんと言いたいのかっ!「お腹に影響あるといけないから、とりあえず、最低ふた月は我慢しようか

その後は様子見しつつだから、とりあえずそこまでね」 ……なんか、どうも状況が見えてないのが俺だけって雰囲気なんだけど……

 困惑した俺の表情に、サヤが困ったように眉を寄せる

あなたも好きかも:だるま屋 パチンコ
 どう切り出したものかといった、けれと、サヤの思考も定まらない様子

まだ、信じて良いものかと、疑っているような……? すると、黙って部屋の隅に待機していたハインが、埒が明かないと思ったのだろう

「神(・)の(・)祝(・)福(・)が訪れました」 遠慮を捨てた

 ………………………………え?長らくご来読下さいましてありがとうございました

これにて 多難領主と椿の精 閉幕とさせていただきます

書ききれなかった部分も多くあるのですが、そこはまた外伝として、ちまちま書かせていただこうかと思います

特に最終話、ちろっとしか触れてない色々とか、触れられなかったこととかもね

三年と四ヶ月、四百万字越え