パチスロ バジリスク ゾーン

パチスロ バジリスク ゾーン

若干の矛盾に康太が首をかしげていると文は複雑そうな顔をしながらベンチに座り込んで再度、今度は大きくため息をつく

「私ってさ、なんていうかしょうもないミスをちょろっとするのよ・・・それこそ先生によっては三角とか追加点くれるようなレベルのミス

そう言うののせいで満点ってことはないと思うわ

行ってても九十後半ね」「それって全教科?」「まさか、満点を狙ってる教科もいくつかあるわ

あなたも好きかも:カジノ プロジェクト ダイヤ
でもまぁ私の事だからたぶんどっかしらでミスしてると思う・・・」文はいい意味で自分を客観的に見れる人間だ

自分の性格だけではなく自分の性質まで良く理解できているのだろう

あなたも好きかも:スロット ダービークラブ2
というより彼女の場合、今までそうしようとして何度もそう言った凡ミスをし続けている可能性も否めない

十五年という月日は自らの性質を理解するには十分すぎる時間だ

特に彼女は魔術師

自らのことを察することにかけては康太の何倍も上なのだ

「ひょっとして文って今まで百点取ったことないのか?」「それは私を馬鹿にしすぎよ

でも数えられる程度しか取ったことないのよね・・・赤点なんてのはとったことないけど・・・そう言うあんたは?」「俺か?小学校の頃は百点は結構とってたけど・・・中学からはあんまり取れなくなったな」「あー・・・まぁ小学校の時のテストってお遊びみたいなものだしね・・・こういっちゃなんだけどそこまで苦労しなかった覚えがあるわ」小学校でやる勉強というのは中学高校、いやこれから一生生きていく上での基礎となるものだ

あなたも好きかも:モバイルゲーム ランキング
逆に言えばそれさえ押さえてしまえばそれ以降の勉学においても基礎ができているために比較的理解しやすくなる

そう言った部分で勉強の向き不向きが大きく分かれる場所と言ってもいい

運良く康太と文は小学校の勉強ではそこまで苦労しなかったのだ

「てか満点取れないなら俺と大して変わらないじゃんか

そこまで言う事あるか?」「あるわね