pia イベント スロット

pia イベント スロット

だめよ、一斗を甘やかしては

あなたも好きかも:龍が如く2 カジノ
そんなことだから――』「……」 アイルクーダからずっと一緒に旅をしてきたマイとティスティ

あなたも好きかも:ポケモンプラチナ スロット 攻略
 一緒にいるのが当たり前すぎて、彼女らが今この場にいないことが夢のように感じている

あなたも好きかも:フルーツ・ルート
 こうやってじっと待機できているのも、自分を間近でフォローしてくれると思える存在がいないからであった

『ダメ、一斗! それに触れたら!』 マイが庇ってくれた時のことを思い出す

「あ〜、駄目だ! このままんじゃあ、絶対にマイが目覚めたときに笑わちまう

俺がもっとしっかりしなきゃ……俺が」 己の不甲斐なさのあまり、一斗はマイが目が覚めなくなってから自己嫌悪をし続けている

「ん!? この反応は?」 落ち込んでいた一斗であったが、異常な気配を察知

 持っていたペンダントが青く点滅し始めた

「まさかユーイの身に……はっ!? 危ない!! <響>」 一斗は女王たちがいる隣の部屋に壁を破って突入し、部屋全体を氣で覆った次の瞬間――仮面を被った黒尽くめの集団が乱入してきて、それぞれ武器を構えた

「何事です!?」「おそらくあなたを狙った暗殺者です

ユーイを手玉に取るような相手だ、油断はできない(ふ〜、危うく全員無力化されるところだったぜ)」 とっさに氣のバリアを張り、外部からの影響を一時的に遮断することに成功した一斗