ドクターx ブラックジャック パクリ

ドクターx ブラックジャック パクリ

あなたも好きかも:エヴァ スロット 決意 の 刻
 襲撃地点の算出を開始します」「……わかりました」俺も空いている右手を握りしめて青い炎を纏ったまま、森の中を高速で駆けていく

すぐに森を抜けて、遠くの窪地の岩場に欠けた月に照らされた、直径七、八百メートルのクレーターが出来ているのが見える

あなたも好きかも:カジノ マーチンゲール法
「中心部へと駆け抜けてください

 隕石の有無関係なく、クレーター内は 中央部に近づくほど、共鳴粒子が薄くなります」「行きます」遮蔽物がほぼ無いのでほぼ最高速度で俺は瞬く間にクレーター内に入りこみ一秒かからずに、深く凹んだ中心部へとたどり着いた

同時に背中の高崎だけが真っ白な光に包まれ始める

彼からワープを開始するのか

同時じゃないんだなと思っていると「この警告が終わった後に タジマ様の、右斜め後方から多数の斬撃が来ます」金属片さんが、いきなり警告してきて確かに背後から、明らかな殺気が襲い掛かってきた

高崎の重さが背中から消えたので超高速で背後を振り向いて、殺気の正体を視界で見るより早く、感覚で掴みながら襲い掛かる数千発の斬撃を、油断せずに十数メートル横に逃げて、総て回避する

数コンマの内に、隕石の落下の衝撃で凹んだ岩場が激しく深く削り取られて、辺りに岩の破片が飛び散る

俺は相手の正体を避けながらようやく、視認するとなんとツインテールをなびかせて額に長い斜めの傷をつけた美射だった

不思議な銀色の鎖帷子のような服を着こんでいて肉の無い鋭いその顔の年齢は二十代半ばくらいで大人になっているが、あの顔を見間違えるわけがない

あなたも好きかも:スロット ガルパンg フリーズ
間違いなく美射である

身体には虹色の闘気の周囲に、白い霧のような闘気を漂わせている

見開かれた両目に意志の光が全くない美射は俺を見つめて、ニチャアと笑うと少し距離を取り、平坦な感情を排した美射の声で「やはり、あなたは危険因子でしたか

 あまりにも規格外の成長速度におかしいとずっと思っていたのです

 私が、与えた体も捨てて、そのような 得体のしれぬものを与えられるとは……仕方ありませんね」口は笑っているが、両目は明らかに俺を憎くてたまらないといった感じだ

腹から金属片さんが「想定されていたアグラニウスの行動パターンを確認