すしざんまい パチンコ ボーダー

すしざんまい パチンコ ボーダー

ここまできたら絵師独自の塗り方が身につきます

 小説で五感の程度を書き分けられるようになれば、読み手に複雑な感情を与えられるのです

 たとえば「恩師の死」という出来事(イベント)があったとします

主人公は慟哭するかもしれません

だからといってすべての登場人物が同じようになるかといえば違うでしょう

ほとんど接点のなかった人物ならそれほど感慨を抱きません

ただ「人が死んだ」だけです

「恩師の死」だけでも人物はじゅうぶんに書き分けられます

あなたも好きかも:パチンコパチスロドットコム
「恩師の死」で恩師とほとんど接点がなく、ただ「人が死んだ」と感じただけの人物も、もし自身の妹が殺されたらどうなるでしょうか

ただ「人が死んだ」だけでは収まらないはずです

血涙を流しながら敵討ち・復讐を誓うと思いませんか

 文章で感性の程度を緻密に書き分けていくと、そのうち直感が芽生えてきます

あなたも好きかも:能見台 パチンコ
 この直感が「アフォーダンス」とつながるのです

あなたも好きかも:新鬼武者 スロット 天井期待値
 事前に脳内へストックされた「感性の表現」の「プログラム」を自動的に引き出して実行してくれます

 つまり十段階で七レベルの怒りを表現するにはこの「プログラム」を使おう、というひらめきが降りてくるのです

「アフォーダンス」を最大限に活かした執筆法は、あなた独自の特徴的な文章を生み出します

すべての書き手がまったく同じ「プログラム」を持っているわけではないからです

「アフォーダンス」で引き出す「プログラム」がそもそも異なっているのですから、出力される文章だって当然違ってきます