宮崎 パチンコ 高鍋

宮崎 パチンコ 高鍋

これだけの時間でこの形の良し悪しは判断できぬ

 やっと形の定まりつつあるものを、国の管理下に置いたからといって、下手に手出しして良いものか? なにより、現状の成果は目覚ましく、我らの予想を遥かに超えた

あなたも好きかも:モリコケティッシュ パチンコ
 国営としたのはあくまでこの形の保護をと思ったからだ

あなたも好きかも:パチンコ 雨
私は現状維持がここを活かす良策と考える」 陛下の言葉に唸る四家の方々

 様子を見たところ、彼らも別に、俺がどうこうといったことはあまり考えておらず、どちらかというと、セイバーン男爵家領主という役柄に力をつけてしまった場合の、今後についてを思い悩んでいる様子

 まぁね……男爵家が特別な待遇を有しているというのは、あまり好ましくない形だろう

 言ってしまえば、ジェスルの前身も似たようなものだったのだろうと思う

 好戦的なスヴェトランに対処すべく、国境を守るために公爵家であったジェスルがあの地に封じられたのだろう

 だがこれは、賭けに等しい対策だ

 ジェスルにも王家の血は継がれていたろうから、ジェスルが裏切り、スヴェトランと手を組んで王を弑し、自らが玉座に座す……なんてことが起こる可能性があったことになる

 そうさせぬよう、爵位をひとつ落とし、ジェスルは伯爵家となり、王家と繋がらぬ立場に身を置き、力の均衡を保とうとしたのだろう……

あなたも好きかも:パチスロ 高設定
 当時のジェスルは、自ら公爵位を返上したとしているが……実際のところは分からない

 それが現在まで続き、変質していき、現状のジェスル独特の立ち位置を形作っていった

 ジェスルは常にスヴェトランと睨み合っているのだが、それは常に癒着の可能性を抱えているとも言える

 セイバーンは他国とは隣接していない……とはいえ、力を与えたことが、あとあとの増長に繋がってはな……と、考えてしまうのだろう

「そちらにつきましては、私から一つ提案がございます」 多分このままだと埒があかない

 なので俺も、発言の許可を求めた

 すると、何を要求してくるやらといった視線がこちらを向いた