スロット アカギ

スロット アカギ

Bloggerの推奨事項:

 このように見てくると、私たちがどれだけ無意識に「慣用句」「故事成語」を用いているかわかってきませんか

 すると書き手は疑心暗鬼に陥ります

「この表現ってもしかして慣用句や故事成語なのでは?」と

 実はその考え方が語彙を増やし、表現力を磨くのです

あなたも好きかも:カジノ 100 万
 今使おうとしているこの言葉は「慣用句」「故事成語」で、原典を知らない方が使うはずがない

だから「異世界ファンタジー」で書いては駄目なんだ

 そう思うから似た意味の語彙を増やせるのです

 つまり「言葉に敏感」になります

 本来なら「慣用句」「故事成語」かもしれない言葉すべてを独自に表せないと書き手として失格です

 実際「小説賞・新人賞」の一次選考でも「慣用句」「故事成語」は厳しくチェックされているようです

あなたも好きかも:戦律のストラタス スロット 終了画面
 ここでウルトラCがあります

あなたも好きかも:mgm パチンコ 志布志
 それは「異世界ファンタジー」であっても「主人公を異世界転生・異世界転移させ」て、現代日本人を主人公にしてしまうやり方です

 近頃とみに「異世界転生」「異世界転移」の作品が増えたのも、実は「書き手が言葉に自信を持てない」からです

 異世界人を主人公にすると「慣用句」「故事成語」の壁が立ちはだかります

しかし現代日本人が主人公なら、書き手が知っている表現を制限なく使えるのです