マクロスδ パチスロ

マクロスδ パチスロ

Bloggerの推奨事項:

この行動にに、クラベルは多少戸惑っている様子だが、バンはアプリコットか、彼自身が何かで学んだ過去があるのか、特になにも言わず、リリィの方に視線を向ける

「アトは心はともかく、あのやんちゃ坊主の少年より身体も大きいし、気持ちに正直過ぎることもあるだろうが、お嬢さんの方は、まだ我慢できるぐらいの空腹かね?

もし、堪えきれないのなら、昼食前に多少行儀は悪いかもしれないが、シネラリアに頼んで、何か軽いお菓子でも用意して、クラベルに持ってきてもらおうか」バンが目配せをしたなら、クラベルが恭しく眼を伏せた

「あ、その、まだ大丈夫です!」リリィが遠慮をしているのは明らかだったが、小さな"淑女"でもあるだろうから、バンは引くことにする

「それでは、あと1時間待つとしようか

それでは、せめてお茶ぐらいご一緒してくれないかね

あなたも好きかも:老後 オンラインゲーム
喉が乾いたんでね」「あ、はい!」客人に気負わせない程度に、空腹を誤魔化す術をバンが提案すると、リリィは素直に従った

「お茶、アトも飲みたいです!果物、乗せて飲みたいです!」「こ、これ、アト落ち着きなさい!」被っていた布団から、アトがガバッと身を起こしたのには、まだ"そういった事"に不馴れな、クラベルでも思わず声に出して、注意する

アトもアトで、初めての人に注意をされて、結構な動揺を起こしてしまって、互いに固まってしまっていた

あなたも好きかも:スロット 実機 リール音
「やれやれ、それなら、"アトはクラベルの御手伝いをしてください"」バンが、短くはっきりと言ったなら、意味が汲み取れたアトは、"はい"と直ぐに返事をして寝台から降りた

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン 勝利への願い スロット 天井
リリィは、"御館様"のアトに対する的確な指示の出しかたに寝台の上で感心していた

(御館さまも、何かでアトさんみたいな人の事を勉強したのかな)こうやって、コミュニケーションに不自由がある人でも、臆せずに巧い具合に付き合えている様子を見ると、似たような雰囲気の人をリリィは思い出す

それに偶然にも、その人と親しくなった空腹の状態も似ていた

"リリィちゃん、簡単な物だけど持ってきたわ!"(エリファスさん、もうロブロウを旅立ったのかな

そうしたら、シュトさんに頼んだ伝言、もう伝わらなくなっちゃうけれど、それは仕方ないかも)もう会えないかもしれない胸の大きな、優しい人

『リリィお嬢ちゃん、実はさ、エリファス師匠

凄く好きな人とロブロウってわけじゃないんだけど、この領地の近辺で添い遂げる――結婚するらしいんだ』シュトにこの話を一通り聞いた時、少女は勿論驚いたけれど、直ぐに幸せになって欲しいと思った

グランドールと何か理由があって別れた後に、大好きな人に出会えて、災害があって離れてしまったけれど、再び巡り会えたのだという

その間に、優しいエリファスは2人の男の子を引き取り、自分の仕事を引き継がせるという形で、譲って、何とか兄弟で独り立ち出来るまで育てた