ガロ スロット 演出

ガロ スロット 演出

Bloggerの推奨事項:

「まさに決勝戦に相応しい二名といっていいでしょう! それでは、両者、着席!」 機材から響き渡る音声に従い、隣の椅子を引き、腰を下ろす

ここは、逆らっても意味がない

試練なのだ

試練の意図を読み、その意図に従って突破しなければならないのだ

試練の意図を無視し続けても、どうにもならない

失格の烙印を押されるだけであり、そうなれば、二度と受け直せないかもしれない

故にたとえどれほど難解な試練であったとしても、受けなければならないのだ

 席に着けば、同じ目線の高さにニーウェの顔があり、彼は微笑んでさえいた

どのような状況でも悠然と微笑するというのが、エッジオブサーストの考えるニーウェだというのだろうし、実際、そういうところはあったかもしれない

なんにせよ、セツナの知っているニーウェよりも何倍も美化されていることは間違いない

あなたも好きかも:パチンコ カイジ3 甘デジ
 想い出を美化するのは、どうやら人間だけではないらしい

「第六百六十六回、暴飲暴食大会決勝戦、開始!」 そんな号令とともにけたたましい音楽が鳴り響くと、なにやら舞台袖から物音がして、大きな台車が姿を現した

あなたも好きかも:パチスロ エラー コード
金や銀で飾り立てられた絢爛豪華な台車の上には、大量の料理や飲み物が乗せられていて、セツナは思わず腹が鳴るのを認めた

台車を押すのは、際どい衣装を身につけた美女たちであり、肌の色や背中に生えた蝙蝠の羽や奇妙な尻尾の存在からただの人間ではないことがわかる

 台車は、卓に隣接して停止すると、台車の上の料理や飲み物が美女たちの手によって、素早く卓の上に並べられていく

目にも止まらぬ早業であり、皿の上の料理が吹き飛ぶのではないかと心配になるほどだったが、肉や魚が飛び散ることもなければ、多種多様な飲み物が零れることもなかった

 料理の芳しいにおいの中に美女たちの香りが混じり、気を逸らせるかのようだった

「司会進行及び実況はわたくし、魔天導師リハンがお送りします