バカラ 赤 グラス

バカラ 赤 グラス

Bloggerの推奨事項:

わたしたち騎士団騎士は、閣下の命令にただ付き従うのみ

それが救済の理念に背くことであれば話は別だけれど……」 ルヴェリスは、シヴュラの死に顔を覗き込みながら、続けた

声音が熱を帯びていた

「かつての同胞の亡骸を迎え入れることくらいで揺らぐような、そんなやわなものじゃないでしょう」「ああ……そのとおりだな」 オズフェルトは、ルヴェリスもまた、騎士としてのシヴュラに感じ入るものがあったのだろうと想い、見識を改めた

ルヴェリスは、現実主義者だが、いや現実主義者だからこそ、無意味な友情のために交流をはかったりはしないのかもしれない

シヴュラやハルベルトをよく屋敷に誘い、新作の衣装や芸術作品を披露していたのは、きっと、彼らのことを騎士として尊敬し、信頼していたからに違いなかった

あなたも好きかも:パチンコ サザンアイズ
 だから、だろう

 ルヴェリスがシヴュラの死に顔を見つめる目は、慈しみに満ち溢れていた

あなたも好きかも:ニャンター スロット
『君は確か、ウォード家の……』 シヴュラ・ザン=スオールが少しばかり驚いたような顔をしたのは、オズフェルトがまだ十四歳になたばかりの子供だったからなのだろう

騎士団に入るのは大抵、十六歳を過ぎてからだ

十四歳で入団というのは特例でもなければ認められなかった

つまり、オズフェルトは特例でもって騎士団に入ることができたというわけだ

 ウォード家は、ベノアガルドの有力貴族だ

何人もの騎士団騎士を輩出している名門中の名門であり、騎士団幹部に幾度となく名を連ねてきた家柄だった

しかし、当時の騎士団幹部にはウォード家のものはいない

そうであるにも関わらず騎士団に影響力を及ぼしているのは、先代ウォード家当主の娘、つまりオズフェルトの叔母が王室に入っていたからだ

先の国王の側室として、王家に迎え入れられた叔母は、国王に取り入り、ウォード家と王家の関係を強固なものとした

 泥沼の如き権力争いに終始するベノアガルドにおいて、政争に振り回される女もまた、強かでなければ生き残れなかったのだ

 そういったベノアガルドの現状をだれもが受け入れていたわけではない