スロットハイエナ

スロットハイエナ

Bloggerの推奨事項:

どうも、彼の様子をを見る限り、最初はしっかりと自分の価値観で"罪悪感"を抱くことが出来る人間性を持っていたのが、話しているうちに伝わってきた

しかしながら、それが、領主の家族の不和から始まり、尊敬を集めるあまりに、独占されたら不満を吹き出す領民からの嫉妬

そう言った様々な負の感情が、この領地に住む領民の1人であるムスカリに泥のようにへばりつく

それに伴って、彼の元からある価値観を狂わせているようにも、傭兵には感じられた

《もし指導するのや、育てる事が好きなら、野菜やら植物とかにすればいいんじゃないか?

喋りはしないけれど、それなら、どんな育ちかたをしても不手際の元にはならない》最後の方は、自分でも変な言い回しになっている事にジュリアンは気がついた

けれど、彼が再び変な方向に"転ぶ"よりはそちらの方が良い気がしてならなかった

あなたも好きかも:パチンコ くじらっきー
そして、言われたムスカリも何か感じるものがあったのだろう、素朴な笑みを浮かべて頷いた

あなたも好きかも:モンハン スロット 初代 ラージャン
―――ええ、元から農業は嫌いじゃないし、寧ろ得意な方です

―――けれど、調子に乗り易い所があったから、関わるのを控えてました

―――野菜は物を言わないから、どうしても自分本意なやり方で強引にやってしまう

あなたも好きかも:山佐 パチスロ 新台
―――それではいけないと、意思と口のある、人と関わりのある指導者の仕事を選んでいた

ジュリアンには予想外の答えに、眼を丸くする

―――でも、これなら、まだ農業と関わっていた方がいい、それなら私だけが"滑稽"だ

"不手際"の内容を最後まで口にしなかったけれど、"後悔"しているのは傭兵はには判った

(自分の罪を暴露して謝罪しても、すっきりするのは、自分だけだってわかっている)染まりやすいが、決して、愚かではない