スロット 連敗記録

スロット 連敗記録

Bloggerの推奨事項:

「ハローサユリ

あなたも好きかも:パチンコ ガーデン 北与野
一つ私と契約してほしい案件があってだな・・・いやいやそう言う事じゃない、それは本人の意思を優先するべきだろう

実はお前の店の地下の一角を貸してほしいのだ・・・そう、そう言う事だ

あなたも好きかも:左利き パチスロ
ちょっと買いすぎてしまっての・・・そう・・・うむ、正式な契約は私がそちらに戻ってから・・・わかった、今から戻ろう」どうやら話は終わったらしくアリスは携帯を康太に手渡す

だがまだ通話状態は続いているようだった

さすがにどんな話になったのかは今のアリスの声でなんとなくわかる

康太は携帯を耳に当てて向こう側にいる小百合がどんな状態かを確認することにした

「いきなりすいません師匠

まさかアリスがこんなに買い物するとは思ってなくて」『・・・構わん

どうせ地下にはまだ空きがある

あなたも好きかも:ff14 ルーレット ツール
おいておくくらいなら文句は言わん・・・というよりどれだけ買ったんだ?そこまで買うものがあったか?』「いやまぁ・・・こいつの趣味的な話でして・・・いろいろと買い込んでるんですよ」『長年生きているだけあって趣味に生きる人間という事か・・・まぁいい、ひとまず帰って来い、話はそれからだ

あと幸彦兄さんから聞いた、携帯の契約の事なら私の方で一つ作っておく』「本当ですか?ありがとうございます・・・っていうかなんか妙に親切じゃありません?師匠らしくない」『お前とは一度正しい師弟関係について話す必要がありそうだな・・・まったく・・・こちらにもいろいろ事情があるんだ

とりあえず早く戻って来い』言うだけ言って小百合は通話を切ってしまう

一体どんな事情があるのだろうかと康太は疑問符を浮かべていたが、アリスのことをまだ完全に信用しきっていない小百合としてはある程度監視下に置いておきたいというのがあるのだろう

携帯一つでそれができるとも思っていないがやるべきことをやっておくべきというある意味小百合らしい考えの下動いていた

それが妙に親切にしているように見えてしまっただけなのである

「これはまた・・・随分と・・・」協会の門を使って小百合の店まで何とか戻ってきた康太たちの荷物を見て小百合は眉をひそめていた

とりあえずいつも康太たちがたむろしている居間とでもいうべき場所に荷物を置いたのだが、大体そこの半分ほどがアリスの荷物で占拠されることになる

我ながらよくここまで運んだものだと康太たちは何度も頷いて自分たちの努力を確認していた