ブラックジャック 如月

ブラックジャック 如月

あなたも好きかも:スーパー海物語 in 沖縄2 スロット
それを気にせず、構わず攻める

「何だ? アイツの力はコピー出来ねえのか

ハッ、どういう訳か分からねえが、アイツを軸に攻めりゃ良いか」 リヤンが攻め込む中、デュシスは二丁拳銃を構えて一斉に撃ち込む

 ヴァイスがリヤンの力をコピー出来ないのなら相手のやり方も少し変わる筈

あなたも好きかも:バカラ 焼酎グラス
だからこそデュシスは撃つなら今と判断したのだろう

 最も、先程から滅多撃ちにしていたのだが

「やあ……!」「複数の銃弾に君の力……うン

面白くなってきたよ」 銃弾とリヤンの猛攻を避けつつ、この勝負に面白味を感じている様子のヴァイス

魔族の力や細胞も取り込んでいるので戦い自体に少し興味が湧き始めているようだ

 しかしヴァイスの思考は元より戦いは二の次

少しそう感じただけであり、根本的な部分は変わらないのである

「はあ……!」「……」 ダークの身体能力を纏ったリヤンの回し蹴りが放たれ、それをヴァイスは片腕で止める

あなたも好きかも:スロット 自粛
そのままリヤンの腕を引き、近付けると同時に腹部へ膝蹴りを打ち付けた

「……ッ!」「そこかな」 それによってリヤンの肺から空気が漏れ、鉄の味が口内に広がる

怯んだのを狙い、背部に肘打ちを放って大地に叩き付けた

叩き付けられてバウンドしたところを蹴り上げ、空中のリヤンに差し込むような蹴りを打ち付けて吹き飛ばした